初めまして
剣持 尚(けんもち なお)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
所有資格

メンタルケアカウンセラー
行動心理士
数秘術・カラーカウンセラー
運命学歴 9年
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

2010年
自宅マンションの一室にて「金銭的にゆとりのない人も通える英会話サロン」を経営していました。
当時は月曜日〜金曜日 10時〜17時

月謝7千円にて営業時間内であれば何度でも何時間でも受講可能スタイルで活動させて頂いていました。
文法担当はわたしが、実践英会話はネイティブ講師が担当しておりました。

和気藹々とその日に合わせてBGMを流したり、料理が好きなわたしの手料理を一緒に食べたりし生徒さまとの交流を築いていました。そのうち、英会話の後のカードセッションが人氣となり、相談事を聴かせて頂いたり
カードや持ち前の霊感などを用いて目の前の方の肩の荷を下ろすお手伝いをさせて頂くようになり

わたしの人生はおそらくそこから変わっていったと今は感じています。

当時は、カードを扱う資格などありませんから引くのも適当で(笑)
時と場合によっては生徒さんやお客様がご自分で引いて解説書を読んで、勝手に満足していったようなことも多々ありました(笑

私たちは悩みや迷いに出くわした時にふとこうして一度立ち止まって観察できる場所があるだけで
また前進していかれるものだと改めて実感できたのがこの英会話サロンでした。

その頃からわたしはより目の前の人の役に立てたらどんなに幸せだろうとそのためには何をしたらいいのだろうと考えるようになりました。

手当たり次第資格を取った時期もありました。

資格があればもしかしたらその願いが叶うかもしれないと信じて。

しかし今となっては資格云々よりも「目の前の人の笑顔が見たい」という想いが一番の資格だったような氣がします。
もちろん資格取得のための学びが土台にあることが前提となることは否めませんが。

その後、わたしは算命学(運命学)を学び目には見えない氣と心の流れを学ぶようになりました。
目に見えないことを目の前の方に説明するのはとても難しいものです。

ですからそれを目に見える形にしてくれるこの学問は、わたしにとって学ぶ価値の高いものだったのです。
そうこうしていく内に本格的にこのお仕事に携わりたいと思う氣持ちが強くなり2012年 10月(本格的な活動は2013年1月)に運命学鑑定士としてデビューしました。

「心がふわっと軽くなるように」と「ふわり鑑定所」を屋号にし、目の前のお客様に助けられ応援されながら続けさせて頂いております。

これまでのべ1,000名の方々の尊い人生に関わらせて頂く中で「より生きやすくするためには何が必要なのか?」ということを考えるようになりました。

占い、たかが占いで一体何ができるのだろうか?結構そこは悩んだものです。


 

一方で、占いというカテゴリーよりも占いという学問を少し生活に取り入れることで人生を変えられていかれる方もまたたくさん拝見させて頂きました。そんな方々の主たる共通点は「わたしはわたしのままでいい」と意識を変えていったこと。

みなさん、悩みや迷いを抱える方々のほとんどは頑張り屋さんで完璧主義さんで真面目なんですね。自分のことよりも目の前の大切な人のことが最優先で毎日毎日力を抜かずに限界まで頑張ってしまうんですよ。

周りが求める70点よりも自分が求める100点を目指して。。。。。
そんな方々は大抵自分の「役柄」に縛られていることが多くて

母親、父親、お嫁さん、お婿さん、奥さん、旦那さん、女性、男性、長女、長男

役柄の種類はそれぞれで家庭と職場においてその役割を懸命に果たそうと必死に頑張っているだけなんです。

そりゃもちろん役割を果たすことは大切ですね。
一方でその役割は本来のあなたではなくあくまでも「役割」なんです。
そこを間違えてしまうと最終的に自分自身の首を締めることになりかねない。

そしてこの忙しない現代において自分自身に還ることを忘れてしまう人も多いのではないでしょうか?

洋服のようにその役柄を着たら脱ぐ。
本来の自分を取り戻す時間をちゃんと作ってあげることが大切なのです。
その時間を提供させて頂いているのが運命学の講座でありオンラインサロンでもあります。

わたしにできることはちょっとです。
わたしと関わったらあなたの人生は確実に変わるなんてお約束はできません。
しかしあなたが本来のあなたを取り戻すことができるように一緒にあなた自身の魂と心に向き合うことはできます。

 

鑑定のような体験をして頂く場として、剣持 尚という存在を知ってもらう場として不定期ですがお茶会を開催させて頂いています。開運グッツを作るワークショップも同じです。

「あなたはあなたのままでいい。」

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

運命学コラムを読む

活動レポートを読む