娘とふたり、食べていくのがやっとの日々を送る女性がいました

朝5時から、夜おそい時で24時までずっとずっと働いていたものの、そのお給料はせいぜいもらえても14万円ほど。

時給換算で400円。サービス残業を断れず、生活するのもやっと。家賃2万円の県営住宅に住んでいた母子家庭の生活。

しかもお給料は「給料日」にもらうことはできず、1週間後に5万円、2週間後にまた5万円、そして3週間後に残りをもらえるかどうか、という不安定な環境で働いていました。

それでも彼女がそこを辞めることが出来なかったのは、何の資格も無いし次の就職先が見つかるかわからなかったから……。

そんな人生に魅力を感じることが出来なくて、ただただ寒空の中ひとり星を眺めては、何の希望を見出すこともできず、ただただ絶望感を味わっていたといいます。

お気づきのとおり、この物語は「わたし自身」のお話です。

そしてわたしが運命学の講座を通して、一人でも多くの自立した女性を増やすための活動を続けている理由、「原体験」でもあります。

今わたしは、あの頃の仕事を辞め、起業し、大好きなコトを仕事にしました。

好きな人に逢い、毎日毎日充実しています。

もちろん楽しいことばかりではありませんが、「お仕事=大好きで夢中になってしまうこと」ですので、お仕事をさせて頂ける感謝と嬉しさを感じながらのワークライフスタイルは、わたしの人生を一変させてくれました。

仕事が辛い。働くことに楽しさを見出せない。生活のために働いている。そんな人生から抜け出したのはもう8年前になります。

個人事業は想像していたよりも大変で、ぜったいにお勤めをしていたほうが「お金を稼ぐ」ことに関しては安定している思います。

それでもわたしは、このスタイルを選んで良かったと心から思っています。やりがいを感じられるようになりましたし、自分のためにお金や時間を自由に使えるようにもなりました。

何よりも自分自身を大切に扱うことができるようになりました。すると不思議なもので、人間関係も大きく変わりました。自分を大切にしたいと思う人や、自分を大切に出来ている人たちとたくさん出逢えるようになったのです。

自由に、豊かで楽しい人生。

そんな人生を歩みたいという方を、わたしはこれからも応援していきたいと思っています。

時給換算400円でサービス残業を断れず、生活するのがやっとで家賃2万円の県営住宅に住んでいた母子家庭のわたしが、今は好きな人とだけ関わり、自分と大切な人たちのために自由にお金と時間を費やせるようになったのです。

可能性は無限大だということを、学歴や生い立ちなんて一切関係ないということを、これからもわたしが証明していきます。

あなたも、あなたの人生は、あなた自身の手で創り上げていくことができる。

そう決心したからこそ、わたしに関わる全ての人が自由に自分の技術で豊かになれるために、一体今のわたしに何が出来るのだろうと、毎日頭が禿げてしまいそうになるぐらい、いつも考えています。

ですからわたしの講座を受けられる方々には、

『自分の人生を更に豊かにし、好きなことで満たして豊かになっていく覚悟』を持ってお申し込みをいただければと思っています。

運命学(算命学)では、その方のいいところがはっきりと出ています。

得意分野や才能、魅力に加え、人に対してどうやって自分を表現していくのかもばしっと出てきます。

算命学では大まかな表現の才能として、

  • 伝える才能
  • 習得する才能
  • 攻撃(前進)の才能
  • 守りの才能
  • 引き寄せの才能

の5つに分かれています。

そこからさらに伝える才能では【広く伝えるのか】【狭く伝えるのか】。

そして【多くを伝えるのか】【専門的に伝えるのか】というように分かれていきます。

そしてまたさらに、芸術的なのか、論理的なのかなど、もうそれは人によって本当にさまざまです。

それを知っているからこそ、わたしはあなたが学んだその知識や技術を趣味になんてしてほしくないと思っています。

だってあなたはそれが良いものだから学んだはず。変われると思ったから。さらに幸せになれると思ったから……

そうやって固く決意して、時間とお金を投資して得たはず。あなたが自分に注いだ時間とお金はこれらのことを人に伝える事が出来るとわたしは信じています。

たしかに「好きなこと」「やりたいこと」を仕事にしようとすると、まもなくある「壁」にぶつかってしまいます。

それはあんなに楽しかったお仕事が楽しくなくなってしまうということ。

わたしも経験しています。

もうね、がっかりしました。向いてないのかなとも思い悩みました。そこでわたしは自分自身にこう聞いてみたんです。

「なぜ面白くなくなってしまったのか?」と。

好き勝手に運命学で分析していた頃は楽しかった。ではいつから楽しくなくなったのかを振り返ると、そこにあった答えは

「自己満足の分析だけではなく、受けてくれたお客さまにも満足して欲しい、
そう心から願いどのようにすればいいのかを真剣に考え始めたから」

でした。

  • ベクトルが自分=趣味
  • ベクトルが相手と自分=仕事

趣味を仕事にするのは難しいなんて言われていたこともあったけれど、きっとそれは、仕事として見方が変わった瞬間(時期)にぶつかり諦めてしまう人が多いからなのかなと感じます。

だから好きなコトで起業してそれがしんどくなってきたときは、それは向いていないことなのではなくきちんと仕事として考えられるようになった証拠。

だからもしこの壁にあなたがぶつかっていたとしたらそこで諦めないで欲しいです。向いていないと思わないで欲しいです。

大丈夫。それは成長している証拠であり順調に進んでいる証だから。

わたしは家事も仕事も両方マイペースで楽しみたい。

自分が自分らしくあるために、どこかを犠牲にして何かを得るのはできれば避けたいんですね。

もちろん結果にそうなってしまうコトもあるかと思います。しかし自分の人生をしっかりと生きること。これに目を背けちゃいけないと思うし大切にしていきたいのです。

あなたはどうですか?

自分の人生、しっかりと生きていますか?

自分の人生、しっかりと生きたいですか?

わたしは、あなたのペースとあなたらしさを大切にしながら、一緒に新しい人生を創造したいと思っています。

みんなあなたを大好きで、今日も楽しく過ごすことができる。それがわたしたちの人生です。

あなたは、あなたのままでいい。

 

メルマガに無料で登録する